<く type="text/javascript" language="JavaScript" src="http://blog.seesaa.jp/contents/js/ad_plugin.js">

2018年06月18日

子どもがいる家族の防災



今朝方起きた近畿地方での大きな地震で被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。




今朝はたまたま保育園登園前のゆっくりとした朝の時間を過ごしていた我が家。

地震が起きた瞬間は、私と子供たち2人の計3人が在宅。


緊急地震速報のアラームに、一瞬凍り付く私。



震源地から遠い我が家は揺れることはありませんでしたが、改めて『家族の防災』を考えておかなければと思いましたので、

今回は防災について思うことを書いてみたいと思います。


  1. 『東京防災』を活用

東京都民の方は、昨年9月に『東京防災』という冊子が配布になっていると思いますが、ご存知でしょうか。

防災ブック「東京防災」



こちらは、東京都が発行した防災に関する情報をまとめたハンドブック。

日々の防災への備え方から、非常時に取るべき行動や、注意点等がわかりやすく書かれています。



ただ・・・


なかなか全てのページに目を通せていない方の方が、実際は多いのではないかとも思います(-_-)




改めてこうして日本のどこかで災害が起きた時こそ、この冊子を開いてみてほしいと思います。




冊子をお持ちでない方でも大丈夫!平成28年3月より、電子書籍版がダウンロードできるようになりました。

東京都のHPより下記リンクに飛んでいただくと、電子書籍での取り扱い店舗一覧が記載されています。




Kindle、iBooks、Yahoo!ブックストア、楽天Koboなど、18の電子書籍サイトで取り扱っています。



ダウンロードは無料です!!

予めタブレット端末等にダウンロードしておけば、災害時にもインターネットに接続せずに読むことが可能とのこと。



外出先で被災した場合も想定し、ぜひお手元の端末へのダウンロードをおすすめします!!



自宅近くの避難所の場所や避難経路、通信が遮断した時の連絡手段等を家族で再確認しておくことも大切です。




2.備蓄食料の確認



我が家の非常時の食料や水の備蓄は、すべてネットでそろえています。


防災リュックはすでにあるのですが、家族4人分の食料は買い足し。


5年ごとに見直しが必要ですが、ばらばらに買うより割安になっているし、バラエティに富んだ商品が一度に揃うのがGood!!







食料だけでなく、携帯トイレや救急セットなども入った機能性の高いリュックはこちらがオススメ。


こちらのリュックは背負いやすい形状や防炎素材で出来ている点がポイントです!!




3.備蓄水の再確認を!!


生命の維持に一番重要な水。

その備蓄についてはペットボトルを保管しておく方法もありますが、最近流行りのウォーターサーバーを災害時の

飲料水確保に利用する方法も!!

一例としてご紹介するのは、『クリクラミオ』という天然水を利用したウォーターサーバー。







こちらのウォーターサーバーは、停電時でも給水が可能!!

停電時に水道水の供給がストップしても、水の確保に役立ちます!!




公式HPのQ&A(https://www.creclamio.jp/faq.html)には下のような記載があります。


Q 赤ちゃんの粉ミルクに「ミネラルウォーターは使用不可」と書いてあります。

  クリクラはミネラルウォーターのはずですが、利用できないのですか?

A 粉ミルクに記入されているミネラルウォーターとは硬水のことです。
  クリクラミオは軟水なので安心して赤ちゃんの粉ミルクにご利用いただけます。

  温水で溶かしてから哺乳瓶ごと、水道の流水などで適温まで冷まして下さい。

Q 災害時に利用できるのか?停電になるとクリクラサーバーは動かないのではないか?

A 非常時に通電していない場合でも、クリクラサーバーから水は出てきます。
  ただし、タンク内の水は常温となるため、できるだけ早くご利用下さい。目安としては一両日以内です。



特に、赤ちゃんのいるお宅におすすめしたい理由は、「粉ミルクを作れるお水である」ということ。

自宅に保管しているお水が、ミネラルウォーターなどの硬水であった場合、お腹を壊しやすい繊細な赤ちゃんの
粉ミルクづくりには向きません!!今一度ご自宅の貯蓄しているお水をご確認ください。



4.転倒防止対策

 我が家で唯一手が回りきっていないのが、家具や家電の転倒防止グッズの準備です。(-_-;)

 大きな家具から少しずつやっているものの、大きな地震に見舞われていない昨今、後回しになりがちに。






家具や家電の形状、重さ等により、最適な転倒防止器具は異なるようです。


この際、楽天スーパーセールのチャンスを逃さず、家中で足りない防災グッズをそろえておくことにします(・_・;)




いざ非常時になったら、脳内パニックに陥ることがわかっているだけに・・・。
備えあれば憂いなしですね。

posted by anko at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください